権利収入

権利収入について

自分が作った著作物(本や音楽など)が売れれば印税が手に入ります。

その金額は、著作物の定価、売れた数、販売元と契約した印税率によって決まってきます。たくさん売れれば印税もたくさんもらえます。

多く売れるものを作るには、やっぱり才能がないとだめですよね・・。


印税のように権利を持っていることで、お金を手に入れることができるものは他にもあるのでしょうか?

 

収入には「労働収入」と「権利収入」があります。

労働収入は、会社に勤めて給料をもらうといった、労働に対する対価を得る収入です。

一方、権利収入は、お金を生み出す仕組みを作り、その後は働かなくても得られるような収入のことを言います。
本の印税に置き換えると、本というお金を生み出す仕組みをつくったら、後は働くことなくても本が売れれば収入を得ることができるということです。


なんだか興味が湧いてきますよね。権利収入にはどんなものがあるのでしょうか。

◇株の配当金
◇預金の利息
◇不動産(土地・マンション・駐車場など)の家賃収入
◇発明品の特許料
◇フランチャイズ(コンビニなど)のオーナーになってロイヤリティを得る
◇ネットワークビジネス
◇インターネット広告

いろいろ挙げてみましたが、多額の資金が必要なものが多くなかなか難しそうですね。

↑ PAGE TOP